シェアハウス

シェアハウスって楽しい?入居者が楽しめる運営のポイント4選

「シェアハウス運営を始めてみたいけど、実際に生活した経験がない。」

「シェアハウスでの生活って楽しいの?」

近年、シェアハウスの需要が高まっており、シェアハウス運営を始める人が増えています。あなたも、シェアハウス運営に興味はありつつ、実際に生活をしたことがないために迷っているのではないでしょうか。

あなたと同じように、入居希望者の中にも、実際に生活することへの不安を感じている人もいるでしょう。そんな人にシェアハウスの楽しさを伝えられると、入居者募集に役立ちます。

今回は、シェアハウスで生活したことがない人に向けて、

  • シェアハウスのメリット・デメリット
  • 入居者が楽しいと感じるシェアハウス運営のポイント

を解説します。

ちなみに、シェアハウスとルームシェアは似ていますが、別の生活スタイルです。二つの違いについては、以下の記事をご覧ください。

シェアハウスとルームシェアの違いは?起こりやすいトラブルも解説! – シェア不動産投資の教科書

経済的で楽しい!シェアハウスのメリット

シェアハウスが人気の理由は、楽しいだけでなく経済的なメリットもあるためです。シェアハウスのメリットを紹介していきます。

金銭的な負担が少ない

金銭的な負担が少ない点は、シェアハウスの大きなメリットです。実際にシェアハウスで生活する人がシェアハウスを選ぶ理由は、「賃料の安さ」が上位を占めます

シェアハウスの家賃相場は4~5万円です。相部屋では3万円台の物件もあり、一般的な賃貸アパートよりも賃料が低くなっています。

また、家賃だけでなく、初期費用も負担が少ない点が魅力です。シェアハウスでは礼金・保証金が不要なケースが多く、生活に必要な大型家具・家電も揃っています。

家賃や初期費用の負担が少ないことから、シェアハウスを選ぶ人も少なくありません。

人脈が広がる

シェアハウスは、プライベートを尊重するタイプや、人との交流を目的としているタイプなど、ニーズに応じて多様化しています。交流を目的としているシェアハウスには、人脈が広がるチャンスがあるでしょう。

シェアハウス=学生のイメージを持つ人が多いかも知れませんが、学生だけでなく、会社員、起業家、外国人などさまざまな人が集まります。学校や職場とは違った出会いのチャンスがある点が、シェアハウスの魅力の一つです。

安心感がある

女性の一人暮らしは防犯上危険なこともあり、不安を感じる人もいます。シェアハウスはいつも誰かが家にいるため、安心です。

また、シェアハウスで気の合う仲間ができれば、一緒に食事をしたり、休日に趣味の話をしたりできるため、自宅での時間がより楽しく感じます。

一人暮らしに不安や孤独を感じる人にとって、シェアハウスでの生活は安心できる空間です。

希望に合わせて部屋のタイプを選択できる

自分の希望に合わせて部屋のタイプを選択できる点も、シェアハウスのメリットです。

シェアハウスでは個室、ドミトリー(相部屋)など部屋のタイプが分かれています。プライバシーを重視したい人は個室、とにかく賃料の安い部屋が良い人はドミトリーなど、希望に応じて部屋のタイプを選択できます。

シェアハウスのデメリット

シェアはは集団生活のため、他の入居者への気遣いが必要です。そのため、個人の性格によってはストレスを感じる人もいます。

シェアハウスのデメリットから、向いていない人を確認しておきましょう。

ルールが窮屈に感じる可能性がある

シェアハウスでは、トラブルを避けるためにルールが必要です。

共用スペースの使い方、清掃当番、友人を招くときなど、生活の基本となることにルールが設けられているケースが一般的です。

入居希望者の中には、「なんでそこまでルール化しないといけないの…」と思う人もいるでしょう。

しかし、シェアハウスのルールは、普通に生活していれば守れるものがほとんどです。ルールが窮屈に感じる場合、シェアハウス自体に向いていないかも知れません。

性格が合わない人がいる可能性がある

ルームシェアは友人や恋人同士のケースが一般的なため、ある程度お互いを理解しています。しかし、シェアハウスは他人同士になるため、他の人とは合うけどこの人とは合わないというケースがあります。

そのような場合でも、適度な距離を保って上手くやっていかなければいけないケースもあるでしょう。

騒音トラブルが起こりやすい

アパートやマンションで暮らしていても、騒音トラブルは起こる可能性があります。しかし、シェアハウスは入居者同士の距離がさらに近いため、より騒音トラブルが起こりやすい環境です。

リビングでの話し声、ドアの開け閉め、深夜の入浴など、一般的な生活音がトラブルの原因になる可能性があるため注意が必要です。

設備を好きな時に利用できないことがある

シェアハウスでは、トイレ、キッチン、洗面所などの水回りが共有のため、好きな時に利用できない可能性があります。

特に、朝や夕方など、時間帯によっては複数の人が同じ時間帯に使うことになり、不便に感じるかも知れません。

入居者が楽しいと感じるシェアハウス運営のポイント

入居者が楽しいと感じるシェアハウスは、以下の特徴があります。

  • ストレスやトラブルなく生活できる
  • 居心地がよく、ずっと生活したいと思える
  • 適度に人と交流できる

上記のようなシェアハウスを目指すために、入居者が楽しいと感じるシェアハウス運営のポイントを解説していきます。

入居前にしっかりと面談する

既存の入居者と新しい入居者の間でのトラブルを避けるために、入居前に面談を行うことが大切です。

人の本性を一度会っただけで見抜くことは難しいですが、集団生活で上手くやっていけそうかどうかは、なんとなくわかるものです。第一印象や話しているときの態度などから、今の入居者と上手くやっていけそうか確認しておきましょう。

コンセプトを明確にする

シェアハウスのコンセプトを明確にしておくと、同じ目的の入居者が集まりやすくなります。目的が同じ人同士が集まれば、入居者の中で一体感が生まれやすいでしょう。

例えば、シェアハウスで生活する人の中には、交流を目的とする人と、ただ安い部屋で暮らすことが目的の人がいます。交流に積極的な人、そうでない人が半々で入居していたとすると、入居者同士に温度差が生まれてトラブルが起こりやすくなるので注意が必要です。

シェアハウスのコンセプトについて気になる人は、以下の記事をご覧ください。

シェアハウスは種類が豊富!運営前に考えるポイント3選 – シェア不動産投資の教科書

必要に応じて改修する 

シェアハウスの規模や募集人数に応じて、トイレや浴室の増設などの改修をおすすめします。適切な数の設備が備わっていないと、入居者がストレスを感じてしまうため注意が必要です。

また、すでに所有している一軒家をシェアハウスにしたいと考える人もいるでしょう。しかし、建物によっては用途変更を伴う改修工事が必要なケースがあります。

空き家を活用する際は、補助金を受けられる可能性もあるので、補助金を上手に活用するのも手段の一つです。

空き家の不動産投資とは?活用できる補助金を3つを紹介! – シェア不動産投資の教科書

入居者同士の交流の機会を作る

他人同士で生活するシェアハウスは、きっかけがないとなかなか打ち解けることが難しいでしょう。

入居者同士のコミュニケーションが十分でないと、トラブルが起こりやすくなります。イベントや交流会などのきっかけがあれば、自然と一体感が生まれます。

一度距離が縮まれば、入居者同士で自然と食事したり、休日を一緒に過ごしたり、シェアハウスでの生活をより楽しめるでしょう。

まとめ

入居者が楽しいと感じるシェアハウスを運営するためには、入居者の気持ちを理解することが大切です。メリットやデメリットをよく確認し、あなたのシェアハウス運営に生かしましょう。

シェアハウスをこれから始めたいと考えている人には、以下の記事もおすすめです。

【無料】不動産投資家タイプ診断はこちら