シェアハウス

シェアハウスとルームシェアの違いは?起こりやすいトラブルも解説!

シェアハウス

シェアハウスとルームシェアは、どちらも新しい居住スタイルとして、若い世代を中心に人気です。

これから不動産投資を始めたい人は、それぞれの違いを把握しておくと、入居者への対応に役立ちます。

ここでは、シェアハウスとルームシェアの違いやそれぞれの特徴を解説します。

記事の後半では、シェアハウスやルームシェアで起きやすいトラブルと対処法も解説するので、参考にしてくださいね。

シェアハウスとルームシェアハウスの違い

シェアハウスとルームシェアは、

  • 誰かと一緒に暮らす
  • 費用を抑えて広い家に住める

という点では同じです。

しかし、両者は契約形態や初期費用などが異なります。

シェアハウスとルームシェアの違いを表にまとめると、以下の通りです。

シェアハウス     ルームシェア
一般的な契約形態定期借家契約普通賃貸借契約
管理者の有無   
初期費用通常の賃貸住宅よりも安い通常の賃貸住宅の初期費用÷同居人数
同居する人数数人~200人以上多くても5人
同居人同士の関係他人同士友人・恋人などの知人同士

まず、シェアハウスとルームシェアでは、締結する契約の種類が違います。

契約の種類は更新の有無にも関わるため、不動産投資を始める前にしっかりと理解しておくと良いでしょう。

また、同居する人数や同居人同士の関係も大きく異なるため、それぞれの特徴を確認してくださいね。

シェアハウスとルームシェアのそれぞれの特徴について、次の章から解説していきます。

シェアハウスの特徴

シェアハウスは、一つの住宅を他人とシェアする居住スタイルです。

個室タイプ、ドミトリータイプ、コンセプト型など、さまざまなニーズに対応できるため、人気を集めています。

シェアハウスでは、運営会社やオーナーがルール決めや管理を行い、入居者一人ひとりと契約を締結します。

シェアハウスの一般的な契約形態は「定期借家契約」です。定期借家契約とは、更新がないタイプの契約で、最初に定めた期間が到来すると契約が終了します。

契約期間は1年半未満が多いですが、入居者が契約終了後も住み続けたい場合は、再度契約できます。

シェアハウスの大きなメリットは、初期費用を抑えられることです。

初期費用を抑えられる理由は、以下の物件が一般的なためです。

  • 礼金や保証会社への支払が不要
  • 大型家具家電が備え付け

初期費用が安く、大型家具家電の購入が不要のシェアハウスは、一般的な賃貸住宅よりも引っ越しへのハードルが低くなっています。

また、シェアハウスは規模もさまざまです。シェアハウスの中には、系列のシェアハウス間で移動できる物件もあります。

規模が大きいシェアハウスは、その分多くの人と交流する機会があるため、出会いのチャンスも広がるでしょう。

シェアハウスのメリット、デメリットについてもう少し詳しく知りたい人は、こちらの記事も参考にしてください!

シェアハウスのメリット・デメリットは?入居者と経営者別に解説

ルームシェアの特徴

ルームシェアは、一つの部屋を友人・恋人などの知人とシェアする居住スタイルで、同居人数は多くても5人程度です。

ルームシェアの運営管理者はいないため、同居人同士のトラブルや生活のルールは、入居者が管理します。

ルームシェアの契約形態は、一般的な賃貸住宅と同じ「普通賃貸借契約」ですが、契約の締結方法は以下の2通りに分かれます。

ルームシェアの契約締結方法

代表契約   代表者1名が管理会社と契約締結し、代表者が契約の責任を負う方法です。
連名契約入居者全員が契約者となり、入居者全員の入居審査をする方法です。

どちらの方法で契約を締結するかは状況によって異なりますが、ルームシェアでは運営者がいないため、契約方法によっては注意が必要になります。

例えば代表契約の場合、入居者の誰かの家賃滞納で代表者が滞納すれば、代表者の責任となってしまうため、入居者間のトラブルに発展することもあるでしょう。

また、ルームシェアにかかる初期費用は一般的な賃貸住宅と同じですが、同居人同士で分割できるため、一人暮らしよりも安くすみます。

シェアハウス、ルームシェアで起こりやすいトラブルと対処法

ここからは、これから不動産投資を始めたい人に向けて、シェアハウスとルームシェアで起こりやすいトラブルと対処法を解説します。

シェアハウスで起こりやすいトラブル

シェアハウスで起こりやすいトラブルは、入居者同士のトラブルです。シェアハウスは他人同士での同居になるため、友人同士のルームシェアよりもトラブルが起こりやすい環境になります。

例えば、

・夜間に大声で話して他の入居者の睡眠を妨害する人がいる

・共有スペースに私物を置いていたら、盗難被害にあった

・掃除当番のルールに従わない人がいる

など、共同生活であるための問題が起こります。

入居者同士のトラブルは相性の問題もあるため、完全になくすことは難しいです。

しかし、少しでもトラブルを抑えるために、入居のルール決めをしっかり行っておきましょう。

ルームシェアで起こりやすいトラブル

ルームシェアで起こりやすいトラブルは、以下2選です。

  • 入居者の一部の人が退去した場合の家賃滞納リスク
  • 他の入居者への騒音トラブル

ルームシェアは、シェアハウスと違って知人同士のため、ある程度の信頼関係があります。

しかし、友人や恋人同士のルームシェアでは、喧嘩などで入居者の一部が退去する可能性があります。

残った人が家賃を払い続けられれば問題ありませんが、滞納してしまう人もいるでしょう。

恋人の場合は婚約者かどうか確認するなど、入居前に入居者同士の関係を確認しておくことも一つの手段です。

また、若者同士のルームシェアの場合、友人を集めて騒ぐ可能性があり、他の入居者への騒音トラブルに発展しかねません。

しかし、アパートなどの集合住宅では騒音トラブルが起こりやすいため、完全に防ぐことは難しいでしょう。

万が一騒音トラブルが起きてしまった場合、オーナーとして当事者へのヒアリングをし、騒音に対する張り紙などで対応する必要があります。

まとめ

シェアハウスとルームシェアは、住まいを誰かと共有する点では同じですが、契約形態や初期費用などが違います。

シェアハウスとルームシェア、それぞれの特徴と違いを把握して、入居者への対応や不動産経営に役立ててくださいね。

また、起こりやすいトラブルと対処法を事前に把握しておき、運営していく上でのリスクを最低限に抑えましょう。

【無料】不動産投資家タイプ診断はこちら