シェアハウス

【初心者向け】シェアハウスの始め方と円滑な運営のポイントを解説

「シェアハウス投資に興味があるけど、何から始めたらいいかわからない…。」

シェアハウスの運営は、入居者が求めるものや運営方法が通常の賃貸住宅と異なるため、なんとなく難しいイメージですよね。

シェアハウス投資は費用面でもハードルが高いと思われがちですが、実は物件を購入しなくても運営できる方法もあるんです!

シェアハウス投資を始める手順をしっかり抑えて、「なんとなく難しそう」というモヤモヤした気持ちをスッキリさせましょう。

ここでは、

  • シェアハウス運営の始め方
  • シェアハウス運営を円滑に行う方法
  • シェアハウス運営のノウハウを無料で学ぶ方法

について解説します。

この記事は、シェアハウスの始め方を一から知りたい人向けです。記事の後半では、シェアハウス運営を無料で学ぶ方法も紹介しています。

「リスクの低いシェアハウス運営方法を知りたい」

「まずは知識を付けてから始めたい」

という人もすぐに行動にできるので、ぜひ最後まで読んでくださいね。

また、シェアハウス投資について詳しく知りたい!という人は、以下の記事もおすすめです。

" target="_blank" rel="noreferrer noopener">最近話題の「シェアハウス」とは?シェアハウス投資を成功させるポイント

何から始める?シェアハウス運営の始め方

ここで解説するシェアハウス投資の始め方は、以下の通りです。

  1. 運営方法を決める
  2. コンセプトを考える
  3. コンセプトに合わせてリフォームする
  4. 入居者を募集する

それでは、順番に解説していきます。

1運営方法を決める

シェアハウス投資で最初に考えることは、運営方法です。

シェアハウスの運営方法は、大きく分けて以下の2通りです。

  • 不動産のオーナーとして運営する
  • 不動産のオーナーにならずに運営する

さらに、不動産のオーナーとして運営する場合は、

  • 自身で管理する
  • 管理会社へ委託する

方法に分かれます。

不動産オーナーとしてシェアハウスを運営する場合、物件の購入費用やリフォーム費用などがかかるため、初期費用や月々の出費が多くなります。

そのため、費用を抑えたい人は、不動産のオーナーにならずに運営のみ行う方法がおすすめです。

空き家物件を所有している不動産オーナーの中には、立地が良く不動産価値があるのに活用方法がわからず困っている人もいます。

そんな不動産オーナーに変わってシェアハウス運営をすれば、運営側にも不動産オーナー側にもメリットがあります。

また、シェアハウスを運営する上で大切な契約形態についても考えておきましょう。

賃貸契約の契約形態には、

  • 普通賃貸借契約
  • 定期借家契約

がありますが、シェアハウスでは「定期借家契約」が一般的です。

普通賃貸借契約は、1年、2年など期間を決めて更新するタイプの契約、定期借家契約は更新をしないタイプの契約になります。

2コンセプトを考える

シェアハウスの運営方法が決まったら、地域のニーズに合わせたコンセプトを考えましょう。

シェアハウスに入居する人は、ただの住居として入居するのではなく「付加価値」を求めて入居する場合が多いです。

例えば、

  • フリーランスや起業家向け
  • 国際交流ができる
  • 防音室完備でいつでも楽器演奏できる

などです。

シェアハウスはコンセプトがなくても運営できますが、コンセプトを持たないとシェアハウスとしての魅力が半減してしまいます。

コンセプトの設定は、シェアハウス運営で大切なポイントです。

3コンセプトに合わせてリフォームをする 

シェアハウスのコンセプトが決まったら、コンセプトに合わせてリフォームを行います。

先ほどの例で言うと、楽器演奏ができるように防音対策をしたり、入居者同士の交流スペースを設けるなどです。

また、シェアハウス運営に必要な環境は、一般的な賃貸経営とは異なります。

具体例として、

  • 広い部屋を複数の個室で区切る
  • 各部屋や共有スペースの備え付け家具、設備を用意する
  • インターネット環境を整える
  • 個室のカギを設置する

など、他人同士が一つ屋根の下で安心して暮らせる環境と、快適な設備が必要です。

4入居者を募集する

リフォームが済んだら、実際に入居者を募集します。

入居者の募集方法の具体例は、以下の通りです。

・管理会社に委託する

・シェアハウスのポータルサイトを活用する

 例:ShareShare

   ひつじ不動産

   東京シェアハウス

・SNSで募集する(Twitter、Facebook、Instagram)

・口コミ、紹介

シェアハウスは若者の利用が多いため、インターネットを存分に活用しましょう。また、入居者同士の交流会で友人を招待可能にすれば、招かれた友人が入居をしてくれる可能性もあります。

シェアハウス運営を円滑に行うには?

シェアハウス運営を円滑に行うポイントは、以下の4選です。

  • 入居者同士のルール決めをしておく
  • 交流会などを開き、入居者同士が交流しやすい環境を作る
  • コンセプトがぶれないようにする
  • 入居希望者の内見、面談をする

シェアハウスは入居者同士の距離が近いため、トラブルが発生しやすい環境です。ゴミ出しや片づけのルール決めや、普段から交流を深めるように工夫するなど、トラブルを解決できる環境づくりが大切です。

また、シェアハウスに入居する人は、コンセプトを気に入って入居するということも忘れてはいけません。

国際交流できるというコンセプトで入居者を募集しているのに入居者が全員日本人など、コンセプトと実情がずれていると入居者がすぐに退去してしまうでしょう。

入居前の面談や内見を通して、入居希望者が求める入居後の環境と実情にギャップがないかよく確認することが大切です。

初心者がシェアハウスのノウハウを無料で学ぶ方法

シェアハウス運営は、管理会社に委託すると高い手数料がかかります。しかし、シェアハウス運営の初心者がいきなり自分で運営すると、失敗する可能性が高いです。

また、不動産オーナーにならずに運営する場合は、シェアハウス運営の初心者に任せたいという不動産オーナーを探すのは難しいでしょう。

そこで、シェアハウス運営をこれから始めたい人におすすめなのは、この記事の筆者である仲尾が行っている「社会貢献型」不動産投資の無料オンライン講座です。

ミドルリスク・ミドルリターンと言われる不動産投資ですが、いきなり高額な不動産を購入することに不安抱く人もいるでしょう。

無料オンライン講座では、

  • 高い利回りで安定的にできる運営方法
  • 初心者のための成功戦略のノウハウ
  • 物件選びのポイント

など、初心者が抱えやすい不安を解決できる情報を提供しています。

「シェアハウス運営に興味があるけど、大きなリスクは取りたくない。」という人は、無料オンライン講座でノウハウを確認してからの検討がおすすめです。

まとめ

空き家を活用したシェアハウス運営は、通常のアパート投資よりも初期費用を抑えられるため、高い利回りを期待できる不動産投資です。

また、空き家を活用したい人、安い家賃で入居したい人にとっても有益なシェアハウス運営は、社会貢献の性質も併せ持ちます。

シェアハウス運営について興味がある人は、まずは運営方法の検討から始めてみてくださいね。

https://share-estate.jp/invest/366/
【無料】不動産投資家タイプ診断はこちら