シェアハウス

最近話題の「シェアハウス」とは?シェアハウス投資を成功させるポイント

あなたは「シェアハウス」という言葉を聞いたことがありますか?

「知っている」と答えた人の中でも、なんとなくイメージが湧くけど

  • なぜ人気を集めているのか?
  • どんな人が入居するのか?
  • ルームシェアやゲストハウスと何が違うのか?

わからない人も多いでしょう。

シェアハウスは、個人のスペースとは別に、リビングやキッチンなどの共同スペースを利用できる賃貸住宅です。

人気を集めている「シェアハウス」は、オーナーとして不動産投資できることを知っていますか?

しかし、シェアハウス投資は一般的なアパート投資と異なる点があるため、しっかりと特徴を理解していないと失敗するかも知れません…

ここでは、

  • シェアハウスとは?
  • シェアハウス投資の特徴
  • シェアハウス投資とアパート投資の違いは?
  • シェアハウス投資を成功させるポイント

について解説します。

シェアハウス投資のポイントを掴んで、収益性の高いシェアハウス運営を目指してください。

最近話題の「シェアハウス」とは?

シェアハウスとは、個人の部屋とは別に、入居者が利用できる共有スペースがある住宅です。

国土交通省の調査によると、2010年〜2014年の5年間で物件数が2.4倍増加したなど、注目を集めているスタイルです。(参考:国土交通省 過去5年間の運営物件数の推移

ここでは、

  • シェアハウスが人気の理由
  • 入居者にはどんな人が多いのか
  • ルームシェアやゲストハウスとの違い

について解説します。

シェアハウスが人気の理由は?

シェアハウスが人気の理由は、以下2選です。

  • 賃貸住宅に比べて手軽
  • コンセプトを楽しめる

賃貸住宅に比べて手軽

シェアハウスが人気の理由の一つは、賃貸住宅に比べて手軽なことです。

通常、賃貸住宅の契約には敷金・礼金・仲介手数料など、家賃3~4か月分の初期費用がかかります。初めての一人暮らしであれば、冷蔵庫や洗濯機などの家電も必要でしょう。

さらに、水道光熱費やインターネットなどの面倒な契約手続きは、基本的に入居者が行います。

シェアハウスでは基本的に礼金がなく、敷金、家賃、共益費を支払えば入居できます。

また、家具・家電は備え付けの場合がほとんどで、水道光熱費やインターネットの契約は物件全体での契約が一般的です。

リュック一つで入居しても不自由なく生活をスタートできる、そんな手軽さがシェアハウスが人気の理由でしょう。

コンセプトを楽しめる

コンセプトを楽しめるのも、シェアハウス人気の理由です。

シェアハウスでは

  • 女性専用
  • シアタールームやトレーニングルームの設置

など、ターゲットに合わせた条件や設備が設けられている物件もあります。

また、日本人以外の入居者が多い物件では、日本に居ながら国際交流ができる点も魅力です。

ただ住むだけでなく、理想に近い環境や趣味を楽しめる物件を探すことで、コンセプトを活かした合理的な暮らしが手に入ります。

シェアハウスにはどんな人が住むの?

シェアハウスの入居者は、

  • 女性
  • 若年層(20代~30代前半)
  • 単身の社会人
  • 外国人

などの層が多数です。

普段は忙しい単身社会人の中には、休日になると急に人に会いたくなる人もいるでしょう。

シェアハウスなら、共有スペースへ行けば気軽に誰かに会えたり、趣味を楽しめるため、充実した毎日を過ごしたい人には良い環境です。

また、シェアハウスは手軽に入居できるため、中長期滞在している外国人にも人気を集めています。

ルームシェア・ゲストハウスとの違いは?

ルームシェアは友人・知人と1つの物件で暮らすことですが、シェアハウスとの違いは、個人契約かどうかです。

シェアハウスの契約は貸し手と契約者が1対1になり、ルームシェアは、連名契約など貸し手に対して契約者が複数になります。

また、ゲストハウスは宿泊施設に分類されるため、賃貸契約が不要な点がシェアハウスと異なります。

収益性は高いの?シェアハウス投資の特徴

シェアハウス投資の特徴は、以下3選です。

  • 空き家を有効活用できる不動産投資
  • 収益性が高い
  • 付加価値で他物件と差別化できる

国土交通省によると、日本の空き家総数は1988年~2018年で約1.5倍増加しています。(参考:国土交通省 空き家の現状

シェアハウスは、空き家をリノベーションして有効活用することも多いため、不動産投資で社会問題の貢献に繋がります。

中古住宅を活用すれば、新築に比べて建設費用を抑えることも可能です。

また、シェアハウスでは浴室、トイレ、キッチンなどの水回りを共有スペースのみに設置するケースも多く、通常のアパートよりも費用を抑えられます。

各部屋に水回り設備を設置しないと、1戸辺りに必要な面積が小さくなり、通常のアパートよりも多くの戸数を設置可能です。

募集できる人数が多いと賃料収入も増えるため、初期費用が安く賃料収入が多いという、高い収益性を期待できる可能性があります。

また、地域性を活かしたコンセプトを設定すれば、通常のアパートにはない付加価値で入居者を集められます。

シェアハウス投資とアパート投資の違いは?

シェアハウス投資とアパート投資の違いは、以下3選です。

  • 入居者の特徴
  • 契約形態
  • 管理体制

入居者の特徴

第1章の「シェアハウスにはどんな人が住むの?」でも解説した通り、シェアハウスに入居する人は単身社会人、外国人などの特徴を持ちます。

さらに、

  • 趣味を楽しみたい
  • 人と交流したい

など付加価値を求めているケースも多い点がアパートとの違いです。

また、初期費用や賃料が通常のアパートよりも安い傾向にあるため、低所得者がシェアハウスを求める場合もあります。

以上のように、シェアハウスならではの特徴やコンセプトを活かして、入居者募集することが大切です。

契約形態

アパートでは賃貸借契約が一般的ですが、シェアハウスでは定期借家契約が一般的です。定期借家契約とは期間が定められた契約で、基本的に契約の更新がありません。

また、シェアハウスの契約期間は1年未満が珍しくないため、入居者が入れ替わる頻度が高い点も一般的なアパートとの違いです。

管理体制

シェアハウスではキッチンや水回りなどの共有スペースがあるため、清掃ルールを設けたり業者に清掃を依頼するなどの運営が必要です。

また、シェアハウスの家具や設備は大人数の利用が前提のため、一般家庭用ではなく業務用など、大人数で利用しても問題ないものを選ぶ必要があります。

シェアハウス投資を成功させるポイント

シェアハウス投資を成功させるポイントは、以下3選です。

  • 立地やコンセプトを考慮する
  • ランニングコストのシミュレーションを行う
  • 管理会社選びを慎重に行う

シェアハウス投資を成功させるには、立地、コンセプト、管理会社選びは重要です。人気が出ているとは言え、まだまだ日本での普及が一般的でないシェアハウス。

  • どこの物件を購入するか、
  • どのような人をターゲットにするか、
  • どのように運営していくか、

などをしっかり考えることが大切です。

入居者同士の距離が違い分、入居者間でのトラブルが発生する可能性もあります。そのようなトラブルに丁寧に対応してくれる管理会社選びも重要です。

また、シェアハウス投資を行うには管理会社への運営委託が一般的ですが、委託には管理手数料がかかります。手数料相場は20%前後となり、一般的なアパート投資よりも高めです。

手数料などのランニングコストをよくシミュレーションした上で、収益が見込めるのか確認しましょう。

シェアハウスの始め方については下記の記事をご覧ください。

まとめ

シェアハウスは、これから拡大していく可能性のある不動産投資です。

インターネットで便利になった一方、人と人との交流が薄れている現代。シェアハウスに入居すれば、いつでも誰かに会うことができます。

また、空き家を活用してシェアハウス投資をすれば、社会問題の解決にも繋がります。

わからなければ専門家の私、仲尾に相談できますので、こちらのLINEからご連絡ください

人も社会も元気にできるシェアハウス投資を、あなたも始めてみてはいかがでしょうか?

【無料】不動産投資家タイプ診断はこちら