MENU
シェアハウス

シェアハウス投資で補助金を受給できる?今どきの空き家活用方法

シェアハウス

日本の社会問題の一つである空き家の増加。空き家は、倒壊や犯罪を誘発する恐れがあるため、放置しておくと地域に悪い影響を及ぼす可能性があります。

この記事を読んでいるあなたも、空き家の活用方法を検討しているのではないでしょうか。空き家の活用の中でも、シェアハウス経営は社会貢献度の高い活用方法です。

今回は、空き家の活用方法を検討している人へ、シェアハウス経営でできる社会貢献や活用できる補助金制度について解説します。

シェアハウス経営でできる社会貢献とは?

シェアハウス経営は、近年人気の不動産投資の一つです。投資と聞くと、資産運用や老後の資金準備など、自分のために行うというイメージが大きいでしょう。

しかし、シェアハウス経営は、社会貢献度の高い不動産投資として知られています。

その理由は、空き家を活用するケースが多いためです。空き家を活用してシェアハウス投資をはじめることで、どのような社会貢献ができるか解説していきます。

地方のコミュニティ活性化

地方の空き家を活用してシェアハウスを経営することで、若者の地方移住促進や、地域活性化に貢献できる可能性があります。

地方では、高齢化が深刻な問題となっている地域もあるでしょう。地方の暮らしを好む単身の若者が増えているものの、都心部と違って賃貸物件が少なく、移住へのハードルが高くなっています。

若者の間で人気が出ているシェアハウスを経営することで、田舎暮らしを希望する若者に住居を提供できます。若者の人口が増える地域は、全体的に活気づくでしょう。

手助けが必要な世帯へ安心できる住まいの提供

戸建てのシェアハウスでは、入居者同士の距離が近いため、信頼関係を築きやすい環境です。信頼関係ができていれば、気軽に頼み事をすることも可能です。

そのため、高齢者、1人親世帯、障がい者など、他者の手助けを必要とする人が支え合って暮らすことに適した環境となっています。

例えば、介護施設に入るまでではなくても、1人での生活に不安がある高齢者がいるとします。

同世代の高齢者が暮らすシェアハウスに入居すれば、自分のできることを自分でやりつつ、お互いに助け合って生活することが可能です。

また、他の入居者と会話する機会が増えるため、孤独を感じることもなくなるでしょう。

さらに、シェアハウス経営には、社会貢献度が高いことに加えて、収益物件としてもたくさんのメリットがあります。

空き家を活用したシェアハウスは利回りが高く、空室のリスク分散に適した投資方法です。

シェアハウスの収益性やメリットについては、以下の記事で解説しているので興味がある人はご覧ください。

シェアハウスが儲かる理由は?高い利回りで運営するポイント4選 – シェア不動産投資の教科書

【補助金あり】空き家を活用したシェアハウスで使える制度

空き家を活用してシェアハウスを経営する場合、寄宿舎への用途変更を伴う改修工事が必要なケースがあります。

ただし、改修工事の費用に関しては、補助金制度を活用できる可能性があります。

空き家を活用したシェアハウス投資で利用できる制度の一つが「住宅セーフティネット制度」です。

住宅セーフティネット制度では、高齢者、低所得者、障がい者など、住居確保が難しい世帯(住宅確保要配慮者)を拒まない賃貸物件をセーフティネット住宅として登録し、ネット上で公開しています。

シェアハウスをセーフティネット住宅として登録すると、セーフティネット住宅情報提供システムに物件の情報が掲載され、入居希望者が検索できるようになります。

住宅セーフティネットで利用できる補助金制度

住宅セーフティネットで利用できる補助金制度は、以下の3種類です。

  • 改修費補助:バリアフリー改修、耐震改修などを行った場合、最大で改修費の3分の2、上限100万円の補助金を受けられる制度。
  • 家賃低廉化補助:国や各自治体が、オーナーに対して1戸につき最大で月額4万円を原則最長10年支給する制度。
  • 改修費融資:バリアフリー改修、耐震改修などを行う場合、住宅金融支援機構を通じて、工事費の最大8割までの融資を受けられる制度。返済期間は最大20年、金利は固定金利。

改修費補助や家賃低廉化補助の補助率や限度額は、各自治体や工事内容によって異なる場合があるため、詳細は各自治体の窓口へご確認ください。

セーフティネット住宅の登録基準

セーフティネット住宅に登録するためには、一定の基準を満たしている必要があります。基本的な条件は以下の通りです。

  • 一定基準の耐震性がある
  • 専有居室の入居者は1人として、面積が9m2以上
  • 住宅全体の面積が15m2以上×居住人数+10m2以上
  • 水回り設備が5人につき1箇所の割合で設けられている
  • 適切な共用設備が設けられている

ただし、上記の基準は自治体によって異なる場合があります。こちらの詳細も、補助金制度と併せて各自治体の窓口へご確認ください。

セーフティネット住宅の補助金制度の注意点

住宅セーフティネット制度の改修費補助や家賃低廉化にかかる補助を受けるためには、セーフティネット住宅の中でも「専用住宅」であることが条件です。

セーフティネット住宅は、一般の人も入居できる登録住宅と、住宅確保要配慮者のための専用住宅に分かれます。

専用住宅の場合、高齢者のための住宅、低所得者のための住宅など、登録時に選択した世帯のみを受け入れる住宅となります。

専用住宅として登録して補助金を受給すると、空室が長引いたからと言って他の世帯を受け入れることができなくなるため、登録は慎重に行いましょう。

まとめ

シェアハウス経営は、社会貢献度の高い空き家の活用方法です。空き家を活用したシェアハウス投資には、補助金制度を利用できる場合もあるので、興味がある人は各自治体の窓口へ相談してみてくださいね。

また、この記事を執筆している私、仲尾も、社会貢献型不動産投資をお伝えしており、YouTubeや無料オンライン講座で不動産投資家の方に有益な情報を配信しています。

実践で役に立つ情報をたくさん配信しているので、ぜひ一度ご覧ください。

YouTubeのチャンネルはこちらです。

無料オンライン講座の詳細は、以下のページからご確認ください。

【公式】利回り20%以上の不動産投資法|無料オンライン講座 (share-estate.jp)

【無料】不動産投資家タイプ診断はこちら