シェアハウス

【シェアハウス経営者向け】入居者の募集方法と満室経営のポイント

シェアハウスの入居者募集では、物件情報を多くの人に見てもらう機会を増やし、広告を見た人が入居したいと思える情報を掲載することが重要です。

入居者の募集方法を確認し、それらを上手に活用して満室経営を目指しましょう。

今回は、シェアハウス経営での入居者の募集方法や、人気のシェアハウスを経営するためのポイントを解説します。

また、シェアハウスの運営方法は、管理委託・サブリース・自己管理の3種類です。以下の記事では、運営方法について詳しく解説しているので、興味がある人はご覧ください。

シェアハウスのオーナーになる3つの方法と空き家活用の注意点 – シェア不動産投資の教科書 (share-estate.jp)

シェアハウスの入居者募集方法4選

シェアハウスで入居者を募集する方法はさまざまですが、ここでは、一般的なポータルサイトでの募集から口コミ・紹介による募集など4つの方法を紹介します。

ポータルサイト

ポータルサイトとは、賃貸アパートで言うところのSUUMOやアットホームなど、賃貸物件が掲載されているメディアです。この記事を読んでいるあなたも、一度は使ったことがあるのではないでしょうか。

シェアハウスの入居者は若い年代の人が多いため、インターネットでの募集が一般的です。物件情報を複数のポータルサイトに掲載することで、より多くの人に広告を見てもらうチャンスを広げられます。

ポータルサイトへの広告掲載は、シェアハウスを自分で管理する場合は自分で行い、管理会社に委託する場合は管理会社が行うことが一般的です。

主なシェアハウスのポータルサイトと特徴

主なシェアハウスのポータルサイトとそれらの特徴をまとめたので、参考にしてみてくださいね。

  • シェアシェア:掲載物件数が業界最大級で、全国のエリアに対応。デザイナーズ、事務所可など人気条件の物件も掲載しています。電話での問い合わせにも対応しているため、より具体的に相談できる点も魅力的。
  • ひつじ不動産:全国に対応し、一つ一つの物件情報が豊富です。オシャレオモシロフドウサンメディアをコンセプトにしています。スタッフが実際に掲載物件を訪問・撮影するため、信頼性の高いメディアとして評判です。
  • 東京シェアハウス:掲載物件は都内中心ですが、全国各地にも対応しています。現入居者の国籍、年齢、性別などの詳細をグラフでわかりやすく掲載しています。ホームページは英語への翻訳も可能です。
  • シェアパレード:関東エリアと、その他一部地域に対応しています。一部の物件では物件レポートがあり、運営会社や入居者のことなど、物件の詳細を確認できる点が特徴的です。ホームページは英語への翻訳も可能です。

シェアハウスのポータルサイトによって、個室の広さなど掲載の条件がある可能性があるので、問い合わせる際に確認しておくことをおすすめします。

管理会社の公式サイト

シェアハウスの管理を管理会社へ委託する場合、入居者の募集は管理会社に任せることが可能です。管理会社が自社の公式サイトを所有していれば、ポータルサイトだけでなく自社でも掲載してくれる可能性があります。

物件の専用サイトやSNSを活用する

シェアハウスのポータルサイトでは、字数制限があったり、掲載できる情報が限られます。インターネット上に物件の専用サイトを作成し、日常やイベントの様子を掲載するのも入居者募集方法の一つです。

また、若い世代や外国籍の人は、シェアハウス探しにFacebook、TwitterなどSNSを利用するケースも多いので、物件の専用サイトとSNSをリンクさせる方法もおすすめです。

口コミ・既存入居者からの紹介

シェアハウスに既存の入居者がいる場合、入居者のSNSで発信してもらったり、友人を紹介してもらったりする方法もあります。

シェアハウスでは口コミによって入居希望者が現れるケースも珍しくないので、日ごろから入居者とコミュニケーションを取る、満足度の高い運営をすることが大切です。

シェアハウスで入居者を募集する際に必要な情報

シェアハウスで入居者を募集する際、入居者が知りたい情報を詳細に記載しておくと問い合わせにつながりやすくなります。入居者を募集する際に必要な情報の例は、以下の通りです。

シェアハウスの基本情報

  • 入居条件(女性限定、外国人歓迎、賃料、共益費など)
  • 専有スペースの条件(部屋の広さ、室内の備品)
  • 設備の条件(水回り、インターネット環境、ラウンジの有無など)

その他+@の情報

  • 空室状況
  • ハウスルール(禁煙、ゴミ出しは当番制など)
  • 周辺地域情報(最寄り駅、バス停までの距離、周辺の生活施設)
  • 物件の写真

ポータルサイトは条件を絞り込んで検索できるケースが多いため、詳細を登録しておかないと検索で表示されない可能性があります。シェアハウスの情報はできるだけ詳細に記載しておきましょう。

また、シェアハウスを探している人にとって、掲載されている写真は貴重な判断材料です。清潔感、明るさ、写真の豊富さなど、内見したいと思われるように工夫しましょう。

シェアハウスを人気物件にするためのポイント

多くの人が、「ここに住んでみたい!」と思えるシェアハウスを運営するためには、広告・立地・管理会社がポイントとなります。それぞれのポイントを解説していきます。

広告に力を入れる

シェアハウスの入居者を募集する際、できるだけ多くの人に広告を見てもらう機会を増やし、掲載内容を充実させることがポイントです。ポータルサイト、SNS、専用サイトなど、各媒体を上手に活用しましょう。

立地の選定は慎重に行う

シェアハウスを人気の物件にするためには、立地の見極めも重要です。物件をこれから購入する人は、地域に賃貸需要があるかどうか、情報収集を慎重に行いましょう。

ただし、人口の多い都心が必ずしも成功するとは限りません。例えば、都内は賃貸需要がある地域ですが、シェアハウスの激戦区でもあります。

地方の空き家を活用し、初期費用をおさえながらシェアハウス運営を始めることも選択肢の一つです。物件価格を抑えれば高い利回りを維持できるため、将来的な賃料の引き下げにも対応できます。

空き家を購入する方法については、以下の記事で解説しているので、地方でのシェアハウス運営を検討している人は、確認してみてくださいね。

空き家の買い方について徹底解説|0円での購入も可能って本当? – シェア不動産投資の教科書

管理会社と契約する前に情報収集を行う

入居者が満足できるシェアハウスを運営できれば、現入居者の退去予防、入居者の口コミによる新規入居者の増加など、空室対策に効果的です。

そのためには、運営を委託する管理会社の運営方法や実績をしっかり確認した上で契約することが大切です。

また、シェアハウスの運営を管理会社に委託する場合、賃料×約20%の委託料がかかります。高いと感じる人もいるかも知れませんが、シェアハウス経営は通常のアパート経営よりも手間がかかり、トラブルも起こりやすい環境です。

シェアハウス運営のノウハウを持っている管理会社へ委託することは、結果的に入居者の満足度に影響するので、必要経費として捉えましょう。

まとめ

シェアハウスで入居者を募集する方法は、ポータルサイトやSNSなどインターネットを利用したものや、入居者の口コミによるものなどさまざまです。それぞれの方法を上手に活用しながら、満室経営を目指してくださいね。

シェアハウス経営に興味がある人には、以下の記事もおすすめなので、ぜひご覧ください。

【無料】不動産投資家タイプ診断はこちら