リフォーム

入居者の安全のために、不動産投資のドアリフォームの必要性

不動産投資では良質の物件が必要不可欠です。しかし、新築を購入すると投資金額が高くなるために、利回りはあまり上がりません。

そのために中古物件に人気が集まるのですが、中古物件もそのままでは、色々な問題があります。

さて、その対応策としてリフォームが必要となるのですが、ドアのリフォームが意外な程に重要であることをご存知でしょうか

リフォームと聞くと、室内の設備や内装を思い出すかも知れませんが、実はそれだけでは無いのです。

では、なぜ不動産投資においてドアのリフォームが重要なのでしょうか。…ここでは不動産投資におけるドアリフォームの重要性について解説します。

なぜ不動産投資でドアのリフォームが必要か

まずは、なぜドアのリフォームが不動産投資において必要なのかを解説しましょう。

古い物件について

前述の様に、不動産投資で利回りを上げるためには、中古物件の方が有利なのですが、中古物件は昔建てられたために設備も古いままです。

ドアも昔のままのケースが多く、今の物件に比べて見劣りし、しかも性能的にも低いままとなっています。

しかし、ドアをリフォームするならば、その様な不具合も無くなります。

物件の印象も良くなり、防犯性なども上がるので、入居者の安心感にも繋がります。

その結果、不動産投資において大きな問題となる、空室発生のリスク低減などに有効となるのです

ドアは進化している

さて、今の建物は様々なテクノロジーの集合体とも言え、技術の進歩と共に性能も上がって来ました。ドアもこれと同じで、昔の物よりもレベルが上がっています。

例えば、今のドアは気密性や断熱性などの性能において、昔の物よりも各段に向上しています

また、耐震性などにおいても様々な工夫がされています。特に、防犯性においては、窃盗などの侵入犯罪の巧妙化を受け、各段に進歩しました。

不動産投資の面から考えても、客付け力のアップに繋がる要因となるのです。

リフォームも比較的容易

ドアのリフォームと聞くと、撤去の際に枠ごと交換しなければならないイメージがあるかも知れません。そのため、工事の規模までが大きくなり、費用も多く発生する様にも思えることでしょう。

しかし、今のリフォームはカバー工法が多くなっていて、昔と比べて工事が容易です。

この工法は既存のドア枠を壊すのでは無く、今あるドア枠の上に新規の枠を重ねて施工する方法です。壊す工事が無いために工事のコストも早くなり、一日で工事が終わります。

今のドアの性能

ここでは、今のドアの性能について、代表的な物を挙げてみましょう。

防犯性

昔のドアと今の物とでは、防犯性は大きく違います。と言うのも以前に横行したピッキングなどによる不正解錠の問題を受けて、メーカーが改良に改良を重ねたからです。

また、破る手段としては、サムターン回しやカム送りなど、ピッキング以外の手段が編み出されました。

しかし、今のドアはそれらの攻撃手段にも対応し、十分な安全性を確保しています

断熱性

住宅の断熱性は冷暖房のコストに直結することから、生活に深く関わると言えます。そして、そのために壁や床などの断熱リフォームが必要なのですが、実際はそれだけでは十分では無く、玄関の断熱化も必要です。

その点、今のドアには断熱材が組み込んであり、熱の出入りをシャットアウトする様なタイプも出ています

耐震性

ドアの開閉はスムーズに行われなければなりません。地震などの災害時であれば、速やかに避難が出来なければならないのです。

また、入居希望者との話の上で耐震性の件もしばしば出ます。ですから、不動産投資全体から見ても、実は重要なのです。

今のドアは仮に地震が発生し、ドア枠がゆがんでしまったとしても、スムーズに開閉出来る構造となっています。耐震性の面からも品質が確保されているのです。

コスト

不動産投資において、リフォーム費用の管理は非常に大切です。

リフォーム費用は投資金額となるため、利回りにも直結するからです。そのため、ドアをリフォームする場面でもコストの管理を厳重にしなければなりません。

その点において、今のリフォーム用のドアは価格帯も分かれていて、予算に合わせて選ぶことが可能です

断熱性などの性能を重要視する場合、コストを優先する場合、それぞれのケースに合わせて選ぶことが出来ます。

施工が早い

リフォーム工事のスピードが早いことは物件運営の上で重要です。と言うのも、リフォームがスピーディーに出来れば、入居者に負担を掛けることも少なくなるからです。

玄関ドアの工事が仮に長い時間必要ならば、生活に支障が出て来ます。しかし、工事が短時間で済むならば、日常生活への影響はほとんどありません。

その点、前述の様に今の物はカバー工法が多いため、工事も1日で終わります

不動産投資におけるドアリフォームの注意点

この様にドアのリフォームは入居者の安全確保や光熱費などへの配慮に繋がります。

そのため、物件の魅力の維持のために有益で、不動産投資全体を考えても有効な布陣となります。

ただし、不動産投資のリフォームには注意点があります。主な注意点を挙げて行きましょう。

安全性を第一に考える

先にドアの性能を挙げましたが、最優先されるべきなのは、防犯性や耐震性などをはじめとする「安全性」に尽きます

不動産投資は入居者あってのビジネスで、より良い物件造りが利回りの安定にも繋がります。その場合に求められるのは、やはり安全性と言えるでしょう。

グレードなどを調べておく

ドアには安全性の他にも様々な性能があります。一般には高級になるほど高性能になり、普及タイプになると価格の方が優先されます。

さて、不動産投資においてコストの計画は非常に大切です。ですから、設備費などもあらかじめ考えておく方がベターです。

ですから、ドアのリフォームに関しても、費用を最初の段階から決めておく方が有利となるのです

ドアのグレードと性能、そして価格帯などをあらかじめ調べておきましょう。

製品の耐用年数などを確認しておく

物件のリフォームは1回で済む訳ではありません。新しく設置したドアも老朽化が避けられないのです。そして、不動産投資は長く続くビジネスです。長期的展望から考える必要があります。

そのために、次のリフォームの時期を見極める必要があります。ですから、ドアにおいても耐用年数などを確認しておきましょう

まとめ

ドアのリフォームが不動産投資においても重要であることが分かったことと思います。

不動産投資は入居者の満足度の高さが、利回りを確保する上でも必要です。安全で住み心地の良い物件を造り、長期間の安定的な利回りを確保しましょう。

【無料】不動産投資家タイプ診断はこちら