リフォーム

悪質リフォーム会社に騙されない方法

空き家再生の活動をしていると、必ずリフォーム業者との関わりがあります。

全ての業者でありませんが時折り悪質なリフォームで、特に高齢者の方が騙されて泣き寝入り…ということを聞いたりします。

でも悪質なリフォーム会社とは何でしょうか?

定義付けをするのは難しいですが、いくつかポイントがあるのでお伝えしていきますね。

リフォームの見積が“一式”と記載されている

そもそも工事というのは、人工(にんく)と材料に分かれます。

例えばトレイ工事であれば、

「トイレの機材自体がいくら」

「取付費がいくら」

という形で人と工具で分けて見積もりされていなければいけません。

それが書いてない状態で、

「〇〇低見積もり工事一式〇〇円」

こういった見積もりは、怪しいと疑わなければいけないということです。

危機感をあおる業者

例えばよくあるのが、

「軒下を見てシロアリがいますので、駆除しないと家が傾いてしまいます…」

とういうように煽るようなリフォーム会社には、気をつけてほしいと思います。

きちんとした根拠があればいいのですが、写真を違う物件の軒下を見せてくる悪質な業者もいます。

とはいえ本当にリフォームが必要なもの、例えばタイル貼りのマンションでタイルがグラグラしている…みたいな明らかに見てわかるところは修繕が必要です。

ポイントはリフォームの必要性を感じない部分で、リフォームを煽ってくる場合は注意が必要かもしれません。

低価格コストの提案をしてこない

どういうことかというと、例えば、

「このスペースで100万円かかります。〇〇の部分を我慢してもらえると、20万ほど安くできます」

というような代替案が出ないリフォーム会社というのは、ちょっと疑った方がいいかもしれません。

リスクとメリットも含めてAパターンなら安くできること。

デメリットがあることも説明があり、Bプラン、Cプランといった顧客に合わせた提案してくれるならいいのですが、いきなり高い提案をされ、これ以外方法はない、、というような業者は注意が必要です。

このような業者に騙されないためにも、反対に良質な工事屋さんの共通点をお伝えできればと思います。

迅速に対応してくれる

リフォーム屋さんは、単価が小さいケースが多く複数の現場を抱えています。

急な対応というのは難しいかもしれませんが、とはいえ、何かあったときにすぐ駆けつけてくれる、業者さんを捕まえておいた方がいいと思います。

また長い目で見たときに、いろんなところで貸し借りができる業者さんもお勧めです。

例えば1個目の現場でお願いした時に、金額だけみたら他の業者さんの方が安いかもしれません。

ですが、安かろう悪かろうという場合もありますので、少し高くても長くお付き合い出来ると、2個目3個目の物件で安く調整してくれてたり、サービスしてくれる場合があります。

多能工な業者

こちらも絶対捕まえておいた方がいいと思います。

特に水道屋さん、電気屋さんとか工事がいくつも分かれてくるんですが、1人の大工さんで複数の工事を担当できるのは、トータルのコストも安くなりますのでおすすめです。

いかがでしたでしょうか。

今回はぼったくの業者、付き合った方がいい業者さんについてお伝えしてきました。

不動産投資を始めたてのときはわからないところではありますが、少しずつ知識を増やして
あなただけのチームを作ってみてくださいね。

【無料】不動産投資家タイプ診断はこちら