不動産投資

不動産投資は副業にあたる?会社員に不動産投資が適している理由

不動産投資

会社員の方が本業以外で収入を増やしたいと考える中で、不動産投資を検討する方は多い一方で、副業禁止の企業が多いことから、不動産投資が副業に当たらないか不安に考えている方も多いようです。

しかし、実際には不動産投資は副業に当たらないのが一般的です。

また不動産投資は会社員に適した収入を増やす方法であるともいえます。

今回の記事では、副業に当たらない不動産投資のポイントと、会社員に不動産投資が適している理由について紹介します。

会社員の副業の現状

近年表向きは副業を解禁する動きが見られますが、実際には多くの企業で副業を禁止・制限する社内規則が運用されています。

本来は日本国憲法の「経済活動の自由」がある以上、副業を禁止することはできないはずですが、副業禁止の規定がまだ根強く残っています。

また、厚生労働省が設定しており、企業の規則の基準となっている「モデル就業規則」においても「許可なく他の会社に従事しないこと」という文言があります。

例え完全には禁止していなくとも、企業の許可を取ることで、社内での立場や昇進に支障をきたすリスクがあることを踏まえて副業を躊躇している方も多いでしょう。

近年は副業で別の業務経験を行うことでシナジーが生まれることを期待して、副業をオープンに認めてる企業も徐々に増えてはきました。

しかし、大多数の企業は「本業の業務に集中してくれなくなる」「企業の情報漏洩リスクにつながる」などの理由をもとに、副業を禁止・制限している企業が多い状況です。

不動産投資は副業になるのか?

以上のように副業がまだまだやりづらい中で、不動産投資なら労働時間を割くことなく収入を増やすことが可能なので、積極的に検討する会社員が多くいます。

一方で、不動産投資も副業にあたらないか心配している方も多いようです。ここでは不動産投資が副業にあたるか判断する基準について紹介します。

基本的には不動産投資は副業にあたらない

まず原則として、基本的には個人が行う小規模な不動産投資であれば、副業にあたらないというのが一般的な考え方です。

小規模な不動産投資であれば、ほとんどの場合、実際の物件の管理は管理会社等を通して行うのが一般的なため、実際には不動産投資のために業務時間を割くということはほとんどないと思います。

業務時間を割かない以上「業務を行っている」とは言い難いので、不動産投資は副業にあたらないというのが一般的な考え方です。

また、もう一点企業が懸念する「情報漏洩リスク」についても、不動産投資で懸念されることはほぼないので、この点からも不動産投資が副業とみられるケースはまずないと考えられます。

ちなみに、副業を禁じている公務員でも、基本的には不動産投資は認められています

念のため社内規則を確認しておく方が無難ですが、そもそも不動産投資について明示的に触れていないケースの方が多いでしょう。

不動産投資が副業ととられるケースもある

一方で、どのような不動産投資も副業にならないかというと、必ずしもそうではありません。

不動産投資も小規模であればほぼ時間を割く必要はありませんが、物件数が多くなり投資残高が大きくなってくると、次第に資産の管理のために時間を取られることも増えてくるでしょう。

ここには根拠とされやすい具体的な基準があります。実は、5棟10室を超えると、不動産賃貸業という「事業」を営んでいるとみなされます。

事業=副業であると定義する根拠は特にないのですが、一般的にこの水準を超えると副業であるとみなされるケースが多いようです。

特に銀行業や公務員では比較的厳格にこの基準を適用する傾向にあるため、該当する方は「5棟10室」以内に収まるように不動産投資を行うことをおすすめします。

不動産投資が会社員に向いている理由

ここまで紹介した通り、一定の規模までであれば不動産投資は副業とみなされるリスクは低く、ある程度自由に投資を行うことが可能です。

実はその他にも、不動産投資が会社員に向いている理由が大きく分けて二つあります。

時間を使う必要がない

投資という活動は一般的にあまり自分の時間を使わないと考えられています。

不動産投資が副業にならないという話は先ほど紹介しましたが、同じようにFXや株式投資なども副業とはみなされないのが一般的です。

しかし、投資はいずれも自分の時間を使わないで済むのかというと、必ずしもそうではありません。

FXや株式は常に相場が動いており、自身の損益も変化するのが一般的です。

それを逐一眺める義務はないのですが、損益が動くとなると、ついつい気になって相場に張り付いてしまう方が少なくありません。

一方で、不動産投資は一般的に決められた賃貸収入が収益の源泉となります。

もちろん空室リスクなど不動産投資の固有リスクはあるものの、相場によって刻一刻と状況が変化するものではないので、入居者がいるうちは、放っておけば定期的に家賃収入が入ります。

従って不動産投資は、特に自分の時間を使わずに済む投資手法です。

会社員はフルタイムで働いているため、余暇の時間が限られている方が多いと思いますが、不動産投資であれば、働いている時間以外にさらに投資に時間を費やすことを避けられます。

ローンを借りやすい

不動産投資のネックの一つとして、初期投資額が大きくなりがちであることがあります。

多くの物件は1千万円〜数千万円以上の元本が必要となるでしょう。これを全額キャッシュで工面できることはそうそうないため、多くの方は銀行などのローンを活用して投資元本を工面します。

ローンを借りる際には、当然ながら自身の信用力によって、審査の通過や借入限度額が決まってきます。審査が通らなかったり、借入限度額が購入物件の価格に満たなければ、投資を進めることはできません。

その点、会社員は一般的に銀行からの信用力が高く、相対的に審査に通りやすい傾向にあります。これは会社員であることからある程度月次で安定した収入が期待できるためです。

会社員であることを武器にローンで資金調達をすれば、高額で魅力的な物件でも意外なほど手が届いたりするものです。

副業を始める前に不動産投資を検討しよう

会社員が収入を増やす手段として副業は一つの手段ですが、未だに社内規則で禁止・制限されているケースも多いです。

また仮に認められていても、本業の時間外の限られた時間でさらに業務を行うというのはハードなものです。

その点不動産投資であれば、余暇時間をほとんど費やすことなく、軌道に乗れば安定的な収入の獲得が期待できます。規模を拡大しすぎて事業とみなされるリスクには注意が必要ですが、不動産投資はサラリーマンに向いている収入の獲得手段であるといえます。

当サイトでは不動産投資についての無料オンライン講座をおこなっておりますので、ご興味ある方は、こちらからLINE登録お願いいたします。

おすすめの不動産投資であるシェアハウスについては下記の記事をご覧ください。

【無料】不動産投資家タイプ診断はこちら