不動産投資

FIRE目指すのに元本は必要か?

近年、将来の不安からサラリーマンの間でも「資産形成」という言葉、その必要性が浸透しています。

書籍の売上ランキングを見ても、多くの人が資産形成に興味を持ち出しているということを感じます。

また株や投資信託に興味を持っている人も多いですよね。

もちろん悪いことではありませんし、ぜひ勉強してチャレンジして欲しいと思います。

でも、最短でFIRE(経済的自立と早期退職)を目指し、人生を変えたいと思うのであれば、不動産投資は1つの選択肢になるでしょう。

なぜなら、例えば株でいうとS&P500のような鉄板商品で、利回りが平均7%前後だとします。

銀行のように預金しても0.01%ほどの利息に比べればまだいいですが…

でも7%ということは100万投資して1年後には107万です。

もちろん増えることはいいことですが、もっと早く利益を出したいと思うのであればちょっと物足りないかもしれません。

仮に3千万、5千万、1億を投資できれば目標とする収入に早く到達できますが、現実的ではないですよね。

元本が大きいほどたくさん稼げるのが投資という仕組みで、元本を用意できなければ基本的にはどんな良い商品に投資しても大きくは稼げません。

この投資の根本原則を覆せるのが不動産投資です。

例えば、月収25〜30万円から5万円を運用にまわす人がいるとします。

もし不動産投資で月5万円の収益を得られれば、運用資金は倍の速度で貯まりますよね。

それが複利で運用されるならもっとです。

ここでお伝えしたいことは、不動産投資は人生を変える可能性が高いということです。

先日、初心者から大家さんになり不動産投資によって、人生を変えた方の記事がありました。

私の1棟目と題し、「物件購入」初体験についてインタビューするものでした。

3人の子育てをしながらパート勤務する主婦の方です。

秋田県で中古戸建を中心に投資し、家庭の事情からフルタイムで働くことが難しく、年収100万円のパート勤務の状態で中古戸建を購入し不動産投資をスタートしました。

現在は戸建3戸、アパート2棟の計21室を所有し、現在3室がリフォーム中だが、所有物件の
平均利回りは20%を超えるそうです。

年間家賃収入はおよそ900万円で、手残りを重視した投資戦略を意識しているそうです。

このように子育てに忙しいパート主婦の方でも、しっかりと戦略をねることで結果を出すことができます。

不動産投資でよくある失敗は、おもったより手元にお金が残らないことです。

さらに月々の家賃収入が銀行への返済額より少なく、赤字になってしまうことです。

せっかく購入した不動産でも手元にお金が残らないと意味がないですよね。

お金が増えるためにはどのような工夫ができるか、しっかりと戦略をもって購入することにより失敗リスクは減らせます。

https://share-estate.jp/invest/1435/
【無料】不動産投資家タイプ診断はこちら