不動産投資

不動産投資vsほかの事業

不動産投資と言うと「怖い」とか「失敗したらどうしよう」などのイメージが多いのではないでしょうか?

ですが、不動産投資は数ある事業の中でも難易度の低い事業の1つです。

例えば、ゼロから事業を立ちあげるには、経営知識、マーケティング力、営業力、商品開発力や、事業の独自性、大きな資金も必要です。

こうした内容を踏まえると、ほかの事業は難易度が高いと思いませんか?

また個人で活動する場合、過去のスキルや強みを生かして独立する方法もありますが、どのような事業を始めるにしても波はあり、継続する強い意志と覚悟、そして能力が必要になります。

では不動産投資はどうでしょうか?

まず、事業目的であれば銀行からの融資が受けやすく、購入する不動産を担保に入れることでお金を借りられます。

このため、万一返済に行き詰った場合は、購入した不動産を売却することで残債を減らせます。

運営に関しても、賃貸管理会社というプロに任せることが可能です。

比較・検討をした上で、信頼できる管理会社を見つけることができれば、満室経営は困難ではなくなるでしょう。

また、不動産投資では株式投資のように1日で評価額が半額になる…ということは起こりません。

このため、不動産投資は金融投資よりもリスクが低いと言えます。

他にも不動産は所有権が登記される実物資産であり、収益物件を選んでいくと価値が0になることはありません。

価値が比較的高く、金融機関からも評価を受けやすい物件を探しましょう。

難易度が低いとはいえ、良質な物件を探すためにも始める前にリスクを把握することは重要です。

例えば、建物の状況や周辺環境を見て確かめるなど、現地調査は不動産投資を成功させる上では欠かせません。

併せて物件価格、家賃相場や空室状況、物件の収益性を確認することも忘れないようにします。

また不動産投資を成功させるためには、物件を紹介する不動産会社の情報だけでは不十分です。

情報を鵜呑みにして、利回りだけに注目して物件を選んでしまうと、最終的に物件を売却できなかったり、値下げせざるを得なくなりローン返済が残ってしまうリスクがあるため、最終的にいくらで売れるかをしっかりシュミレーションして物件選びをすることをおすすめします。

そして裏を返せば不動産投資の強みは、このようなリスクに対して事前に対策を打てるという特長があります。

投資家が物件選びの基準を設けて、自分に合った判断をするためには知識と情報が必要になります。

知識をつけるためにはネットや本で情報収集する他に、不動産投資のプロや専門家にアドバイスをもらうことも1つです。

どうやってリスクをコントロールすればいいのかを把握して、しっかりと自分の手でリスクをコントロールして、より良い不動産投資を目指していきましょう。

【無料】不動産投資家タイプ診断はこちら