不動産投資

情報収集を最適化する方法

情報あふれている時代だからこそ、必要な情報だけをうまく収集するスキルは現代において重要になります。

“情報化時代”と言われてから久しいですが、最近ではそんな言葉すら使われないほど情報の重要性が当然のように認識されている印象です。

有益な情報をもっている人、そうでない人の格差が広がりつつあるのは、特定の業種業界だけではないでしょう。

そこで注目されるのは“情報収集能力”です。

ただ闇雲に大量の情報を集めるのは誰でもできますよね。

重要なのはあふれている情報の中から、いかに自分に必要な情報を探し出して収集することです。

大量の情報を集めることにおいて、近年ではネットにあふれている情報を目の当たりにしている多くの方にとっては、同じ認識をお持ちではないでしょうか。

情報の量より質を高めることが難しくなっています。

なぜならネットの情報は良い悪い内容が混合し、誤った情報から悪い影響を受けることがありますよね。

これは不動産投資でも重要な考え方で、自分の目標や資産を守るためには、情報収集が必要不可欠です。

何も知らない状態で投資をしていると…

たとえば購入を検討していた物件の価格が下がっていたとき、

「なぜ下がっているのか?」

「立地条件に何か影響があったのか?」

などの原因が全くわからないと、今後、価値が上がる物件なのか?見極めることが難しいですよね。

購入したものの売却時の価値が下がってしまい、大きな損をしてしまう可能性もあります。

なぜそうなったのか?ということがわからないと、不安は膨らむばかりでしょう。

市場が今どうなっていて、購入を検討している、もしくはこれから探す人にとっても判断材料は有利にしていきたいですよね。

とはいえ、闇雲に情報を集めればいいわけではありません。

不動産業者によっては、自分に得がある物件だけを紹介するところも少なくないです。

せっかく情報を集めても利益の出ない情報ばかりだと、適切な判断ができなくなってしまいます。

ではどうやって適切な判断をすればいいのでしょうか?

それは信頼できる情報源がどこなのかを知ることです。

私たちは情報を集めるツールがたくさんあります。

インターネット
セミナー
雑誌や新聞紙

これらを有効活用して信頼できる情報を集める。

そして自分にとって必要な情報は何かをしっかり見極め、適切な判断ができるようにしていきたいですよね。

そこで適切な判断ができるようになるために、いくつかポイントをご紹介します。

答え合わせをする

情報を集める前に、人は無意識にある程度の仮説を立てます。

自分で調べた内容に対して新たな知見を得たり、自分の意見と相違があるかどうか?

答え合わせをするイメージですね。

注意することは仮説や意見と違ったときに、耳を貸さない態度はとらず、先入観をもたずに物件を探しましょう。

そうすることで予想していなかった情報に接したとき、冷静に考えることができます。

情報源を意識する

国の機関や大手メディアサイトなどの情報と、匿名の掲示板サイトでは、どちらが信頼できるかは明確です。

また情報の新しさも重要で、たとえば2年前と今の世界情勢は変わっており、物価高騰の影響は最新のものをチェックする必要がありますよね。

目的を持つ

“何のために必要な情報か”

“どの部分の情報を補完しようとしているのか”

“得られた情報を何に使うか”

といった具合に明確な目的を意識することで、効率よく知りたい情報に当たることがあります。

現役のプロに聞く

自分で調べるには限界があり何が正しくて、何が間違っているのか?判断に迷うこともあるでしょう。

そこで、信頼できる現役の不動産投資の専門家に話を聞くことです。

素早く答え合わせができるので、圧倒的に時間が短縮ができ、円滑に行動できるようになるでしょう。

情報を制する者が不動産投資を制します。

情報収集力を磨き上げていきましょう。

【無料】不動産投資家タイプ診断はこちら