不動産投資

不動産投資で成功している有名人

不動産投資と聞くと、「ごく一部の投資家のみが行っているもの」というイメージが湧くかもしれませんが、そうとも限りません。

あなたも知っている有名人も、不動産投資を行っているのです。

たとえば、島田紳助さん

今ではすっかり表舞台から消えてしまった島田紳助さんですが、その資産総額は50億円を超えるとも言われており、不動産投資や飲食店経営分だけでも十分な収入を得ていると予測されます。

島田紳助さんの不動産投資は、「いい物件を安く仕入れる」ことに特化しています。

いい物件を見つけ出すために、駆け出し芸人の頃からテレビ局近くの物件を見て回っていた、というエピソードが島田紳助さんの本気度合いを物語っています。

今でも、気になった物件があれば現場に足を運び、入念に物件をチェックしているそうです。

並大抵ではないその行動力が、驚きの資産総額に繋がっていると言えるでしょう。

他にもマレーシアの不動産を中心に不動産投資を行い、自身もまたマレーシアに移住したのが、ミュージシャンのGACKTさんです。

不動産投資参入からはまだ期間が浅いものの、深い知識を有しており、すでに多額の収入を得ているそうです。

マレーシアの豪邸はたびたびテレビでも取り上げられるので、

不動産投資を行っている有名人としてGACKTさんを想起する人も多いことでしょう。

でも、彼らは最初は未経験にも関わらず、なぜこのような不動産収入を手にすることができたのでしょうか?

そこにはある秘訣がありました…

それは、物件の下見を念入りに行ったからなのです。

「当たり前のことではないか?」

そう思われたかもしれません。

しかし、最近はネットで検索しただけで、物件の購入を検討する人が増加しています。

実際に「at home」の調査では、2021年の購入を検討している人のうち、「内見はしなかった」と回答した人が昨年に比べ増加していました。

ですが、ネットのみだとどうしても後々のトラブルに繋がりやすくなります。

・駅から遠くはないか
・道路は狭くないか
・騒音などは気にならないか

など、物件周辺を見て不安を解消する必要があります。

その結果、自分も住みたいと思うようないい物件と出会うことができたのです。

物件を事前に見に行くということは、後の支出を抑えるためにも必要なことなのですね。

いかがでしょうか?

引退した後でも、安定した収入を不動産投資で手に入れていた島田紳助さん。

その秘訣は、徹底的な物件の下見でした。

もし、「この物件はほんとに買っていいんだろうか?」そんな不安があった場合は、隙間時間を見つけて、現地に足を運んでみてください。

物件の価値が上がる可能性や、逆に、思わぬ欠陥などが見つかるかもしれません。

自分が住みたいと思える物件かどうか、この基準を持って実際に物件を見ることが成功の近道ということですね。

【無料】不動産投資家タイプ診断はこちら