不動産投資

値引き交渉術

普段買い物をするとき、値切ることはありますか?

数百円や数千円の買い物であれば、ほとんどの方が言い値で買うことが多いとおもいます。

でもこれが数百、数千円の商品ではなく、数百万、数千万の商品であればどうでしょうか?

時間を惜しまず、じっくり交渉しますよね。

数百万の値切り交渉が当たり前のように行われている商品、

それは物件です。

物件の売買は誰が買うかによって、価格が変わることがあります。

物件の売買は値引き交渉ができる

たとえばポータルサイトに記載されている価格は、あくまで売主の希望価格になります。

定価がない中古物件の場合、買主が希望価格を伝えて交渉することは日常的です。

物件をいかに安く買えるかで、初期投資を抑えられたり利益を増やしたりできますよね。

・相場で売り急いでいる
・現金が急に必要になった
・買い手が長い間見つからない

など諸事情によって、値引きに応じてくれるケースもあるでしょう。

実際のところ、値引き交渉されることを前提に価格を決めていることも多いのが現実です。

元の値段を高めに設定して、セール価格として安くお得に見せるといったイメージです。

ではどんな物件が値切ってもらいやすいか?を解説していきます。

売却期間が長期化のケース

ずいぶん前から掲載されている物件は、値下げしてもらいやすいです。

売れ残っているのはマイナス要素があります。

たとえば、

「最寄り駅から遠く利便性が悪い」

「立地条件が悪い」

「ボロ家で建物の状態が悪い」

売主もなかなか売れず焦っていることもあります。

そのような場合は、値下げに応じてくれやすいです。

融資の審査が厳しい

融資が厳しい物件としては、

「再建築不可」

「借地権付き」

「築年数が古い」などがあります。

融資が厳しい物件は売りにくいので、値引きしてもらえることが多いです。

売主が早く売りたい

早く売りたい理由は、売主によって様々です。

なかでも、相続税の支払いが迫っているケースが多い印象です。

その場合は、早く現金化したいのが本音です。

そのような物件にタイミングよくあえば、価格交渉の可能性は高いですね。

この他にも売主には様々な理由や事情があり、値引きに応じてくれるケースがあります。

なので最初から物件が高いからといってあきらめるのではなく、「この物件は〇〇円になりますか?」とダメ元で聞いてみましょう。

【無料】不動産投資家タイプ診断はこちら