不動産投資

意外な物件の探し方

「空室が怖い」

「物件の値段が高い」

不動産投資に興味をもたれた方で、特に不安に感じるポイントです。

もしかしたら、あなたも同じ不安を感じているかもしれませんね。

たしかに不動産を購入する際に、価格が高すぎると「この物件を購入して元はとれるのだろうか…」と不安になってしまいますよね。

それに物件を購入できたとしても、空室ができてしまったら家賃収入はゼロです。

ただローン返済に追われる日々になってしまいます。

ですが、これらの不安が解消される可能性が高い不動産があるとしたらどうでしょうか。

不動産投資を始める一歩を踏み出せるのではないでしょうか。

物件価格を安くして、家賃収入をもらう方法。

結論からいうと、「賃貸中」の物件を購入することです。

賃貸中の物件は、入居者の方がすでにいる状態。

そのため、内覧することはできません。

つまりその物件の内情を見ることなく、購入することになります。

そうなると購入者側としては、リスクが生まれるため、本来の価格より安く購入できる可能性が高いというわけです。

もちろん購入を検討する場合、物件の状況や入居者情報は調べる必要がありますが、入居者が退去したタイミングで売却を検討したとき、内覧ができる状態だと相場価格より高値で売却できることがあります。

冒頭にて、物件が高すぎて勇気がでないとか、空室がでたらどうしようなど、不安がある方は、賃貸中の物件も視野に入れることがオススメです。

初期費用が少なく始められ、家賃収入が最初から見込みがある。

ひょっとしたら、売るときは購入時より高く売れるかもしれません。

もしあなたが物件を探しているのであれば、参考にしてみてくださいね。

【無料】不動産投資家タイプ診断はこちら