アパート経営

アパート経営の相談はどこにする?相談先を探す際の注意点を解説

アパート経営

アパート経営をはじめたいと考えている方のなかには、さまざまな疑問があって相談先を探している方もいるのではないでしょうか。

有益な情報を集めるには、相談する内容や目的に合った相談先を見つける必要があります。

アパート経営をスムーズにはじめるためにも、どんな相談先があるのかを知っておくのが重要です。

そこで今回は、アパート経営での相談先についてや、探す際の注意点を解説します。

アパート経営に興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

アパート経営に関する相談先

アパート経営をはじめる際には、内容によってどこへ相談したらよいのか知っておかなければなりません。

おもな相談先別に、どんな内容を相談できるのかを解説していきましょう。

大手総合住宅メーカー

大手総合住宅メーカーは全国に支店があり、サービスや情報が充実しています。

住宅の仕様や建材などもブランドで統一されて一定の品質を保っているなど、新築でアパートを建てる際の相談先のひとつとしておすすめです。

所有している土地にどれくらいの大きさのアパートを建てられるか、どんな間取りや設備がよいのかなどを相談できます。

ただ、アフターフォローが充実しているものの、建築価格はやや高めです。

アパート建築を検討する際には、複数のメーカーに見積もりを依頼してみるとよいでしょう。

地域の工務店

アパートを建てる際には、地域の工務店も相談先になります。

社員数名で事業を展開しているなど、地域密着型で規模は小さめです。

少人数体制ならではの、きめ細かい柔軟な対応を期待できるほか、大手住宅メーカーと比べて低価格で建築できる場合もあります。

また、貴重な情報を得られる可能性があるのも、地域密着型工務店の魅力です。

ただし、工務店によっては得意不得意があり、慎重に選ばなければなりません。

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーとは、ライフプランや資産運用などお金周りについてアドバイスする専門家です。

アパート経営をはじめる際には、リスク回避を考慮しつつ資金計画を立てたい場合の相談先として活用できます。

銀行や保険会社に所属して、自社サービスに関連したアドバイスをおこなうファイナンシャルプランナーよりは、個人向けにアドバイスしている方を探すとよいでしょう。

金融機関からの融資で物件を購入する場合には、ローンの返済計画を含めたアドバイスも受けられます。

ただし、ファイナンシャルプランナーはあくまでアドバイザーであり、具体的な税金の計算などはできません。

不動産会社

不動産会社は不動産の賃貸や売買の仲介、物件の分譲などを手がけている業者です。

個人レベルで事業をおこなっている会社から、全国規模で展開している大手までさまざまな会社があります。

アパート経営では、物件探しや賃貸仲介の相談先として、仲介業専門の不動産会社を探すのがおすすめです。

また、物件のあるエリアの家賃相場を知りたい場合の相談先としても適しています。

なかには、管理会社としての業務をおこなっている会社もあるので、チェックしてみてください。

金融機関

ローンを利用してアパートを購入するのであれば、相談先は銀行や信用金庫など金融機関になります。

金融機関によって金利や取り扱い商品が異なるので、自分のプランに合った店舗を探して相談するのがおすすめです。

自己資金が少ない方や、年収・勤務先など属性の低さが気になる場合には、大手のメガバンクより地域密着型の信用金庫などのほうが相談しやすい傾向にあります。

税理士や司法書士

不動産所得を得たら、会社員であっても確定申告しなければなりません。

普段、会社で所得税を天引きされているサラリーマンの多くは、確定申告の経験がないでしょう。

自分で調べて書類を作る方法もありますが、はじめて確定申告するなら税理士に相談するのもおすすめです。

とくに、一定のメリットを受けられる青色申告を選択する場合には、複式簿記で帳簿付けして決算書を作成する必要があり、不安な場合には相談してみるとよいでしょう。

また、アパート経営の法人化で会社を設立する際の登記手続きなどは、司法書士に相談できます。

アパート経営で相談先を探す際の3つの注意点

アパート経営で相談先を探す際には、どんな点に注意したらよいのでしょうか?

3つの注意点を解説します。

目的を整理しておく

アパート経営について不明な点があれば、相談先を探す前に内容や目的をしっかりと整理しておきましょう。

相談の内容が明確でないと、見当違いな相談先を探してしまう恐れがあります。

何について相談したいのか、お金についてか、物件探しについてかなど、相談したい内容を具体的にまとめておくのが重要です。

相談先の実績や強みを調べておく

相談する内容を明確にしたら、相談先を決めましょう。

相談先を探す際には、ホームページや口コミなどから情報を集めて、実績やどんなジャンルに強みがあるのかをチェックしておくのがおすすめです。

たとえば、地域の小さな工務店や不動産会社に相談する場合には、内容や目的にマッチしないケースもあります。

できれば相談先をひとつに絞らず、いくつか候補を挙げてみるとよいでしょう。

不動産業者の一括比較サイトをチェック

不動産業者を選ぶ際には、インターネット上でサービスを展開している「一括比較サイト」を利用するのも方法のひとつです。

一括比較サイトを利用すれば、あれこれ迷うことなく複数の不動産業の情報を同時に得られます。

それぞれの比較もしやすく、相談内容や目的に合った不動産業者を選べるかもしれません。

また、強みや得意ジャンルの確認もできるため、限られた時間で不動産業者をスピーディーに探したい場合に役立ちます。

アパート経営でよくあるトラブル相談と対処法

おもに、アパート経営をはじめる際の相談先に関して解説してきましたが、経営をはじめてから起こりえるトラブルと相談先についても知っておきましょう。

よくあるトラブル相談のなかから、一例を挙げて解説します。

入居者の騒音トラブル

入居者が深夜に大音量で音楽を聴いているなど、騒音トラブルが発生する場合があります。

入居者のトラブルについては、管理会社を通じて話し合ってもらうほか、掲示板で注意喚起をおこないましょう。

話し合いや注意喚起で解決しない場合には、契約解除も視野に入れなければなりません。

その際は、弁護士を通じて契約解除や明け渡し請求の旨を内容証明郵便で催告し、最終的には訴訟になる場合もあります。

災害時の浸水被害

所有物件の近くの川が台風の影響などで氾濫すると、浸水被害を受けるかもしれません。

建物に損害が発生した場合には、火災保険で加入している保険会社に補償の内容を確認しましょう。

保険会社によりますが、浸水で建物時価の30%以上の損害があれば保険金を受け取れるなど、一定の条件で補償を受けられる場合があります。

多額な原状回復費用

退去によって原状回復工事をおこなう際、入居者の使い方が悪く通常のクリーニング費用ではまかなえないケースがあります。

通常の清掃代であれば、国土交通省の「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」で定められているように貸主負担です。

ただし、使い方が悪く想定以上に多額の費用がかかる場合には、管理会社を通じて負担してもらうよう相談してみましょう。

また、そのようなトラブルに備えて、重要事項説明書に「通常の原状回復義務を超えた修繕については貸借人が負う」と明記し、説明しておくことも重要です。

まとめ

アパート経営をはじめる際には、相談内容や目的に合った相談先を探しましょう。

今後も長くつき合いを続ける相談先にもなりえるので、慎重に選ぶのが重要です。

また、不動産投資で困ったことがあれば、不動産投資の専門家である仲尾に相談してみるのもよいでしょう。

当サイトでも不動産投資に関する無料オンライン講座を実施しており、不安を抱えている方のお力になれます。

ぜひお気軽にチェックしてみてください。

【無料】不動産投資家タイプ診断はこちら