空き家

空き家の探し方5つの方法とは?探す際のチェックポイントも解説

空き家

こんにちは、仲尾正人です。

「空き家を購入したいけど、どうやって探したらよいのだろう」「どこへ相談したらよいのか」などと、不動産に関する知識や経験がなく不安に感じている方もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、空き家を探す方法について解説します。

探す際にチェックすべきポイントもあわせて解説しますので、空き家に興味を持っている方はぜひ参考にしてみてください。

空き家を探す5つの方法

空き家を探すには、いくつかの方法があります。

理想の空き家探しに失敗しないためにも、探し方をしっかり確認しておきましょう。

不動産サイトを利用する

中古物件を紹介している不動産サイトを利用すれば、効率的に空き家を探せます。

サイトによって細かく条件を入れて検索できるようになっており、住みたい地域にある好みの物件を探しやすいのが特徴です。

空き家の外観や内部の写真が充実しているサイトなら、現地に出かけて内見するまでもなく詳細な内容をチェックできます。

また、複数のサイトの情報を一括して入手できる査定サイトもあり、1サイトずつ入力する手間を省けるうえ、条件に合った複数の物件を比較しやすく便利です。

ただし、不動産サイトで問い合わせなどをすると、頻繁に営業電話やメールが送られてくる場合がある点に留意しておいてください。

不動産業者に相談をする

不動産業者に直接相談する方法もあります。

とくに、空き家を探したい地域が決まっている場合は、当該エリアの空き家情報に強みをもつ不動産業者は強力な味方になるでしょう。

また、良好な関係を築ければ、掘り出し物の空き家を紹介してくれる場合もあります。

インターネット上に公開する前に情報提供してもらえる可能性もあり、信頼できそうな不動産業者があれば積極的に訪問してみましょう。

空き家バンクを活用する

自治体や自治体から委託された団体が運営している「空き家バンク」でも探せます

空き家バンクとは、空き家を買いたい人と売りたい人をマッチングさせるほか、空き家を活用して地域の活性化や地域内外の住民交流を目的とした制度です。

通常、不動産サイトを利用したり、不動産業者に紹介してもらったりすると手数料がかかります。

一方、空き家バンクでは売主と直接取引すれば仲介手数料が発生せず、購入コストを抑えられるのが魅力です。

空き家バンクについては詳しくはこちらの記事を見てください。

知り合いから情報を得る

空き家の情報を持っている知り合いを頼る方法もあります。

知り合いならではの貴重な情報を提供してもらえる可能性があるほか、仲介手数料が不要または安くしてくれるケースも期待できるでしょう。

ただし、直接取引はすべて自己責任であり、契約する際は十分に注意が必要です。

空き家の所有者と交渉する

住みたい地域や狙っているエリアを訪れて空き家を探す方法もあります。

不動産会社の店頭やインターネット上にはない、優良な空き家に巡り会う場合もあるでしょう。

ただし、空き家を見つけたら所有者を探して交渉する必要があります。

所有者が近所に住んでいれば見つかる可能性があるものの、不明な場合は登記簿謄本を取り寄せて調査するなど、手間がかかる点に留意しておきましょう。

また、直接取引にはリスクがあるため、瑕疵が判明した際の取り扱いなど契約には十分注意してください。

空き家を探す際にチェックすべきポイント

空き家を探す方法を理解したところで、探す際にチェックすべきポイントを確認しておきましょう。

長く住み続けられる地域にあるかをチェック

空き家を探す際は、長く住んでも不便を感じない地域にある物件がおすすめです。

窓からの景色に魅了されて購入しても、生活に不便な場所にあると後々の暮らしぶりに多大な影響を及ぼします。

毎日通うスーパーやコンビニ、通院する病院などが近くにないと、年齢を重ねて動きにくくなってからの生活が大変です。

将来にわたって長く住み家として空き家を購入するのであれば、立地や周辺の状況を考慮して物件を選びましょう。

購入費用が予算内かをチェック

空き家を探す際は、負担にならない予算を決めておくのが重要です。

とくに、ローンを組む場合には長期ローンを避けて、長くても定年前に完済できる年数で組むとよいでしょう。

また、自己資金をすべて投入せず、ある程度将来の生活費として貯蓄を残しておくことも大切です。

購入時の年齢や仕事内容、家族構成などライフスタイルを考慮して、予算を超えないように物件を選びましょう。

空き家の状態をチェック

空き家の場合、想定していたより老朽化が進んでいて修繕費が多くかかるケースがあります。

建物は築年数をチェックしただけでは状態を正確に把握できない場合があり、慎重に見極めなければなりません。

自分で判断するのが心配な場合は、住宅診断士に依頼して建物の状態を調査してもらう方法もあります。

賃貸住宅をチェック

空き家を購入するのではなく、賃貸住宅を選ぶのも方法のひとつです。

ライフスタイルや年齢によっては、購入するより賃貸住宅のほうがメリットを享受できる可能性があります。

たとえば、後々引っ越しする可能性があるのなら、賃貸住宅に注目して物件を探すのもよいでしょう。

購入した後に引っ越す場合、タイミングによっては売却して損失が発生するほか、いずれ戻るからと放置しておく場合でも維持管理や固定資産税の負担がのしかかります。

また逆に、持ち家なら設備や間取りなどを自由に変更できる一方、賃貸住宅では自分好みに変更するのは難しいでしょう。

購入と賃貸のいずれにせよ、それぞれのメリットとデメリットを把握して、自分に合ったほうを選択するのがおすすめです。

助成金を利用できるかチェック

空き家の場合、放置されていた期間によっては大幅なリフォームが必要になるケースがあります。

リフォーム代を加味すると予算オーバーしてしまうなら、助成金を利用できるか調べてみましょう。

自治体によっては、近年の空き家問題対策として助成金制度を設けている場合があります。

住みたいと考えている地域の自治体に、あらかじめ問い合わせておきましょう。

また、自治体のホームページで内容を確認できる場合もあり、事前に調べておくのがおすすめです。

まとめ

空き家の探し方には、不動産業者を利用する方法や不動産サイトをチェックする方法、自分の脚で探す方法などさまざまパターンがあります。

立地や建物の状態はもちろん、ライフスタイルも考慮しながら自分にぴったりな物件を探してみてください。

空き家や不動産に関して不明な点があれば、不動産の専門家に相談するのも方法のひとつです。

当サイトでも、無料オンライン講座でさまざまな疑問にお答えしています。

ぜひ一度、お気軽にご利用なさってください。

【無料】不動産投資家タイプ診断はこちら