空き家

空き家を処分するなら早いほうがよい6つの理由とは?処分方法も解説

空き家

「空き家を処分したいけど、どうしたらよいのだろう……」「空き家を相続する予定があるけど、維持管理が大変なのでは?」などと、空き家について悩んでいる方もいるのではないしょうか?

空き家を放置しておくと、さまざまリスクやコストの負担がのしかかってくるため、使い道がないのなら早めに処分するのがおすすめです。

そこで今回は、空き家を処分するなら早いほうがよい理由を解説していきます。

有効活用していない空き家を所有している、また相続する予定のある方はぜひ参考にしてみてください。

空き家を処分するなら早いほうがよい6つの理由

なぜ、空き家を処分するなら早いほうがよいのでしょうか?

使い道のない空き家は早めに処分したほうがよい、6つの理由を詳しく解説します。

コストや手間がかかる

使い道のない空き家であっても、所有者であれば維持管理する義務があります。

老朽化が加速しないよう、マメに通って空気の入れ換えをおこなったり、建具や設備の保守・点検を実施したり、庭木を剪定したりする必要があるのです。

遠方でマメに通えない事情がある場合、空き家の管理を請け負う会社を利用する方法があるものの、委託するには管理費用が必要です。

また、空き家を所有していれば毎年固定資産税を納付しなければならず、有効的に使用していなければ大きな負担を感じることでしょう。

老朽化が加速する

建物は人が住まないようになると老朽化が加速し、手の施しようがない状態になる場合もあり注意が必要です。

たとえば、下記のような状態になる恐れがあります。

  • 湿気によってカビが異常繁殖する
  • 床にひびが入ったり腐食したりする
  • 玄関ドアや窓などが歪んで開閉しにくくなる
  • 雨漏りが発生する
  • 害虫や害獣が大量発生する
  • 設備や配管が傷んで使えなくなる

上記のような状態に陥ると、建物の価値がどんどん下がってしまいます。

また、売却できる状態に戻そうと思っても多額な修復費が必要になるため、注意しなければなりません。

被災リスクを負う

日本は地震大国と言われており、所有している空き家のエリアでいつ大地震がおこっても不思議ではありません。

また、近年は観測史上最大級の豪雨による大災害が各地でおこっており、自分の空き家が被害に遭う恐れも十分にあり得るのです。

被災してしまうと修復に多額な費用がかかるほか、売却しにくくなります。

また、天災に備えて補償の厚い保険に加入すればコストも増大するなど、思わぬ大きな負担を強いられるのです。

近隣に迷惑をかけてしまう

空き家を放置しておくと、近隣に迷惑をかけてしまう恐れがあります。

たとえば、外壁が剥がれて通行人にケガさせたり、ボロボロになった雨樋の破片が飛んできたりなど、被害を与えてしまった事例もあるのです。

また、庭木が伸び放題で隣地に入り込んでしまったり、クレームを受けたりなどのトラブルも発生します。

最悪の場合、損害賠償請求に発展する可能性もあり、空き家の管理には十分注意しなければなりません。

子世代に負担をかける

「先祖代々受け継いできた土地だから」と言って、処分せずに空き家を所有していると、子世代に負担をかけてしまいます。

有効的な使い方のある空き家ならまだしも、リスクやコストばかりが負担になってしまう物件ならば、相続する前に処分しておくのがおすすめです。

税制の優遇措置を受けられる場合も

空き家になって日が浅い場合には、税制上の優遇措置を受けられる可能性があります。

譲渡所得税では以下2つの特別控除を設けているので、チェックしておきましょう。

  • 居住財産の3,000万円特別控除
  • 相続空き家の3,000万円特別控除

上記の特別控除は「住まなくなった3年後の12月31日まで」、または「空き家の相続開始から3年後の12月31日まで」の条件を満たしていれば適用されます。

すなわち、空き家の早めの処分には、税制上の優遇措置も受けられる大きなメリットがあるのです。

空き家を処分する3つの方法

使い道のない空き家は、早めに処分するのがおすすめです。

放置された空き家は多くのリスクをもたらすと同時に、維持管理費用もかかります。

では、空き家を処分する方法を3つに分けてご紹介していきましょう。

売却する

空き家の処分でもっとも一般的なのが売却です。

思い立ったらすぐに売却へ向けて動き出せるほか、場合によっては売却益を得られるケースもあります。

ただし、一口に空き家の売却と言っても、下記の4つの方法に分かれるのでチェックしておきましょう。

そのまま売却する

建物を解体せず、そのまま売却する方法です。

もっとも手間がかからず解体費用も必要ないものの、建物があまりにボロボロだと買い手

が見つからない場合もあります。

更地にして売却する

建物を解体して、更地の状態で売り出す方法です。

買い手が早く見つかりやすいものの、解体工事に数百万円もの費用が必要なケースもあります。

リフォームして売却する

内装をリフォームして売り出せば、すぐにでも住みたい方や賃貸に出したいと考えている買い手が見つかりやすくなります。

ただし、買い手の好みに合わない場合は契約に結びつかないケースがあり、注意が必要です。

また、そもそも自分好みにリフォームしたいと考えている方には、敬遠される可能性もある点に留意しておきましょう。

業者に買い取ってもらう

空き家を売却する場合、不動産会社に仲介してもらって買い手が現れるのを待つのが一般的ですが、不動産業者に買い取ってもらう方法もあります。

直接交渉してお互い納得すればすばやく処分できるものの、通常の仲介より売却価格が安くなりがちなのがデメリットです。

価格はさておき、とにかく早く処分したい場合に適しています。

無償譲渡する

第三者に無償で譲渡する方法があります。

売却と異なり代金は得られないものの、とにかく処分のスピードを優先したい方におすすめの方法です。

とくに、遠方に住んでいて「管理のために通うのが大変」「早く処分して手間とコストから解放されたい」という場合には、無償譲渡を検討してみましょう。

有効活用する

使い道のない空き家であれば、リフォームやリノベーションしてビジネスに活かす方法があります。

たとえば……

  • 賃貸住宅や駐車場にして収入を得る
  • カフェやギャラリーに改築して商売する
  • 地域のコミュニティ拠点として活用してもらう

ただし、リフォームやリノベーションに多額な費用がかかるほか、立地によっては集客できず収益を得られないリスクも考慮しながら検討しなければなりません。

まとめ

使い道のない空き家は管理の手間やコストがかかるため、早めに処分するのがおすすめです。

子供や孫の世代に負担を強いないためにも、使い道のない空き家を所有しているなら早めの処分を検討してみましょう。

もし、空き家の処分や活用方法で困っていることがあれば、不動産のプロに相談してみませんか?

当サイトでも、不動産に関する無料オンライン講座を実施しています。

ぜひ一度、お気軽にチェックしてみてください。

【無料】不動産投資家タイプ診断はこちら