空き家

空き家を有効的に利用する3つの方法とは?さまざまな取り組みもご紹介

空き家を相続したものの、どう利用したらよいのか悩んでいる方がいるのではないでしょうか?

空き家は所有しているだけで税金や維持管理コストがかかるため、早めに有効的な利用方法を検討するのがおすすめです。

そこで今回は、空き家を有効的に利用する3つの方法を解説します。

あわせて、空き家に関するさまざまな取り組みもご紹介しますので、利用方法を考える際の参考にしてみてください。

空き家を有効的に利用する3つの方法とは

空き家を有効的に利用するには、大きく分けて3つの方法があります。

放置した空き家に困っている場合やこれから相続する予定のある方は、しっかりチェックしておきましょう。

修繕・リフォームして賃貸に出す

空き家の不具合や破損している部分を修繕・リフォームして、賃貸に出す方法があります。

賃貸に出せば収益を得られるうえ、人が住むことで建物をよい状態に保つ効果も期待できるでしょう。

とくに不具合や破損箇所がなければ、そのまま賃貸に出してみる方法もあります。

一口に賃貸と言っても住居や貸し店舗、シェアハウスなどさまざまな形態があり、建物の状態や規模に合った利用方法を選択するのが重要です。

ただし、建物の状態が悪く修繕費用が多額になる場合には、将来的な出口戦略も考慮しながら利益を確保できるのかシミュレーションしておきましょう。

解体して土地を有効的に利用する

空き家を解体して土地を有効的に利用する方法があります。

解体して賃貸住宅を建築したり、駐車場にしたりなどさまざまな利用法があるので検討してみましょう。

また、更地にしてから事業用の土地として貸し出す方法もあります。

ただし、解体費用が数百万円単位でかかるケースがある点に注意が必要です。

とくに、新築物件を建築して収益を得ようとした場合、解体費用と新築費用を合わせるとかなりの費用がかかります。

コストと予測される収入のバランスを考慮して、安定的に運営できるかをチェックしておくのが重要です。

売却する

空き家をそのまま売却する方法があります。

売却してしまえば以後の税金や維持管理コストが不要になり、空き家にさまざまな負担を感じている場合におすすめです。

ただし、立地や建物の状態によっては簡単に買い手が現れないケースがあります。

条件によっては売却益を得ようとは考えずに、とにかく処分を優先するとよいでしょう。

空き家を有効利用する公的な取り組み

空き家問題の対応策として、さまざまな公的な取り組みもおこなわれています。

空き家の有効利用に役立つ取り組みもあるので、チェックしておきましょう。

「安心R住宅」制度

既存住宅の流通促進を目的に創設された国土交通省管轄の制度です。

新耐震基準など一定の基準を満たした住宅を「安心R住宅」として標章を付与し、買い手

が安心して購入しやすい仕組みになっています。

具体的には、以下の要件を満たしていなければなりません。

  • 耐震性等の基礎的な品質を備えている住宅である
  • リフォームを実施している、またはリフォーム提案が付与されている
  • 点検記録など保管状況の情報提供がおこなわれている

空き家の状態によってはハードルが高いものの、「安心R住宅」の標章を付与されれば買い手がつきやすくなるメリットがあります。

参考:国土交通省「安心R住宅」

自治体の補助金や相談サポート

各自治体によって、補助金制度や相談サポートが実施されています。

空き家の利用について困っているならば、一度相談してみるとよいでしょう。

補助金の上限や利用範囲は各自治体によって異なりますが、一定の基準を満たせばリフォーム費用の一部を助成してもらえるなど、利用しない手はありません。

空き家バンク

空き家バンクとは、空き家を賃貸・売却したい所有者と利用希望者を結びつける、いわば「空き家のプラットフォーム」です。

自治体や自治体に委託された業者が運営しており、空き家対策と地域の活性化を目的としています。

直接取引すれば仲介手数料が不要なため、買い手側にとってメリットがあるほか、空き家を所有している側にとっても多くの購入希望者と交渉できる場として有効です。

空き家を有効的に利用する民間ビジネス

国や自治体がおこなっている公的な取り組みに加えて、民間でも空き家を有効利用するサービスを展開しています。

利用に際しては費用がかかるのが一般的ですが、空き家の利用方法で困っているならチェックしておきましょう。

NPO法人「空家・空地管理センター」

空き家の管理や売却、相続などさまざまな相談に対応しているNPO法人です。

相談すると不動産会社や解体業者、弁護士・税理士など内容に合致した事業者を紹介してくれます。

ホームページでは相談を解決した事例を紹介していますので、チェックしてみてください。

参考:NPO法人「空家・空地管理センター」

ハロー!RENOVATION

空き家や遊休不動産の活用を目的としている、まちづくり参加型のクラウドファンディングサービスです。

たとえば、空き家を地域のコミュニティの場として利用するプロジェクトを立ち上げた場合、不特定多数の支援者から資金を集められます。

ホームページを拝見すると、さまざまなプロジェクトが掲載されているので参考にしてみてください。

参考:ハロー!RENOVATION

カリアゲJAPAN

空き家の管理や賃貸、売却などに関して相談を受け付けているサービスです。

築30年以上の空き家を借り上げて、費用負担で改修して6年間運用するサービスなどをおこなっています。

また、売却希望の空き家を買い上げるサービスもおこなっていますので、売却に困っている場合はチェックしてみるとよいでしょう。

参考:カリアゲJAPAN

空き家の新しい利用方法

空き家の新しい利用方法として、さまざまな試みがおこなわれています。

たとえば、下記のような利用方法が参考になるでしょう。

  • 農地付き空き家として貸し出す
  • 空き家を公的利用してもらう
  • コンセプト住宅として貸し出す
  • 民泊を運営する
  • カフェやギャラリーとして活用する

上記のように、空き家はアイデア次第でさまざまな形態で有効的に利用できます。

放置しておくだけでは税金や維持管理コストがかかるほか、何か問題が発生すれば対応しなければなりません。

相続で空き家を管理する立場になってしまったのであれば、さまざまな方法を検討して有効的に利用しましょう。

まとめ

空き家を所有していると税金や維持管理コストが必要になります。

また、そのまま放置しておけばさまざまリスクに直面してしまう恐れもあり、空き家を管理する立場になったのなら早急に利用方法の検討をはじめましょう。

突然の相続で空き家を所有することになり、知識もなく不安が多いなら不動産の専門家に相談するのがおすすめです。

当サイトでも不動産に関する無料オンライン講座を実施しています。

ぜひ一度お気軽にご利用なさってください。

【無料】不動産投資家タイプ診断はこちら